一級畳製作技能士

一級畳製作技能士とは、最低でも8年以上の実務経験と全て手作業で畳を作って敷き込むといった非常に精度が要求される実技試験に合格した人に与えられるに難易度の高い厚生労働大臣認定の資格です。機械作業が増えたとはいえ、隙間もゆがみもなく畳をはめ込むためには、畳に対する十分な知識と経験に基づく鋭い勘が必要です。また技術に対するプライドが生まれ妥協の無い畳を作ります。